家族楽しく暮らしたい

「自分の考えが無い人とはやっていけない」と家庭内別居へ。自分の考えを持つために持論を展開します。

自転車に乗りたい

約1年半前、転勤・引越をした時に

自宅から会社への通勤時間が歩きと電車で10分変わらない場所になりました。

電車で25分。歩いて35分。自転車ならきっと10〜15分の距離です。

そのタイミングで自転車通勤にしようと考えたのですが、妻に反対されて実現しませんでした。

反対の理由としては、危ない事とスーツがテカテカになるからと。

もう10年以上も着続けている安物のスーツだからテカテカしてもいいし、そもそもそんな事気にしない人だと思っていたので、ただ禁止したいだけじゃないかと邪推してしまいます。

仕事終わりに電車代節約と健康のために歩いて帰った時もありました。

またそれも反対されました。

「私が同じ事やってたら良いって言えるの?」と。

男と女では違うし、(街灯が無くて暗い)公園じゃなくて道を歩いているなら普通の事だと思うのですが・・・

そうやって私のやることなす事否定して、その割には「休みの前の日の仕事終わりにジムに行けば」とか言うんですよね。一体なんなんでしょう。

 

そんな事はもうどうでも良いのですが、

今からでも自転車に乗って通勤したり、いろんなところに行ったりしたいなぁという気持ちがまたムクムクと大きくなってきています。

さてこの気持ち、どうしたら良いものか。

ズートピア感想

ウサギが夢を持って大都会へ。

逆境の中でお手柄をあげたと思ったけど…

ということで、まぁまぁ面白い映画でした。

キツネとの冒険(?)ではそれぞれのエリアに行って捜査を進めたり。

ゲームを進めているみたいな感じ。

可愛いキャラ達の物語の割にはいろんなところに伏線があって、2回目見るとまた違った楽しみがありそうです。

 

最後の2人が乗ってたパトカーがかっこよかったな。

子供に会えないのはなかなか辛い

ここ1週間長男に会っていません。

朝起きてから食事・準備をして出かけるまでの時間は合わないようにずらして、夜は妻と長男が寝た後に帰るという生活になっているからです。

 

次男は産まれた手術後の一瞬も含めて、3回しか会えていません。それも産まれて1週間以内なので、1ヶ月以上次男には会えていないことになります。

これからも次男に会える機会があるのかわかりません。

次男は未熟児で産まれ、今でも入院しています。なので妻は退院から今まで毎日母乳を病院へ届ける日々を過ごしています。長男の世話も家事もしながら、大変だろうとは思います。

妻は私に「家事いらない。子供に関わらないで欲しい。家にいないで。」と指示しました。

そう言いながら病院へ母乳を届け、次男に面会する時は私に長男の世話を頼む。なんだか矛盾してますね。ただ次男の成長に母親の温もりはあるに越したことはないと思うので、異存はありません。

 

いぬやしきの試写会で木梨憲武さんは夫婦円満の秘訣を「(奥様に)ご指示をいただく」と言っていました。その頃家庭内別居が始まって悩んでいた時期なのですごく記憶に残っています。

 

どこかで「父親は子供が生まれてから徐々に父親の自覚が芽生える」と書いてありました。

長男が産まれた時も「出来る時にやってくれればいいよ。」と言われ、出来る時にしかしなかったら後から「私一人に全部押し付けて、寝不足なのを放置して。」と怒られました。

次男が産まれて「今度こそ挽回しよう」と考えていたのですが、それも叶わなそうです。

 

なかなか楽しい気持ちでキャッキャするのは難しいですね。

 

あぁ軽いノートPCが欲しいなぁ。

 

 

猫と竜 感想

小説家になろう「猫と竜」アマラ著

 

このマンガがすごいwebでこの小説がマンガ化されている事を知り、興味を持って読んでみました。

以下ネタバレを含みます。

 

良い読後感の作品だと思います。

ハラハラドキドキしたいというより、落ち着いて読んで温かい気持ちになれる作品だと思いました。面白かったです。

ハイファンタジーのジャンルの中でも、あまり残酷な展開にならずに、なんとなくゆったりした文章で読んでいてほっこりしました。

固有名詞が全く出てこないのも珍しいのではないかと。それによって抽象化されたキャラたちのカラみが変な引っかかりなくするする読めるってすごいと思います。固有名詞を出さずにそれぞれのキャラの考えや行動を書き分けるって結構難しい気がします。

 

全然ストーリーの本流ではないのですが

洞窟から出ていった猫の生存率が高くて、結構洞窟に帰って来たりしているので、洞窟出身の猫達の血の濃さがちょっと気になったり。

まぁこれは私の特性ゆえですね。

居場所がない時には

仕事でも家でも、自分の居場所がない時にはそこでの役割はもう無くて、次のステージで活躍出来る環境になったと考えれば良い。という事を聞いて…

今私の状況としては家に居場所がないが無い。夫として父親としての役割も求められていない。それをチャンスとして“本当に自分がしたい事”に時間と労力を注ぐことが出来る。そう考えても良いのなら吹っ切っちゃうんですが、ここで問題が。

本当に自分がしたい事ってのが分からない。

自然とアンテナを立てて情報を取りに行っている事と言えば株や不動産投資など。

労働以外でお金を稼いで“安心”を得たいだけ。

もっと他に自分らしい豊かさがどこかにあると探しながら、いろんなところにアンテナを伸ばしていきたいと思っています。

ポッドキャストから

あるブログから辿って、昨日から心屋さんのポッドキャストを聞いています。なかなか面白い。で、他の人のも聞いていくうちにすごく気になった事がありました。

セックスレス と会話レスが続くと夫婦の心の距離はどんどん離れていく。結婚とは複雑で貴重な機械と同じよう考えた方がいい。どんな状態か慎重にチェックして、不具合があればすぐに手を入れる必要がある。そのくらいしないと長続きしない。」

 

なるほどなぁ。

確かにPCとかが調子悪くなると何がいけないのかなってネットで調べて色々やってみていたな。ただ自分たちの夫婦関係は何が原因なのかがわからない。

 

そういえばPCを壊して「何もやってない」と言う人は大抵やるべき事をやってないか余計な事をやらかしている。って誰かが言ってたな。

 

誕プレと不穏な予告

あまりお金を持たせてもらえない私ですが、生活費と連続して1万円弱を妻から貰えました。

もうすぐ妻の誕生日です。

「これで用意しろって事ね。」と解釈してその日の夜にプレゼントを買いました。

以前は「明日やれば良いや」となるクセがあったのですが、そうしている時に限って妻から突然の頼み事があったり子供がハプニングを起こしたり、予定通り進まない事が多くありました。そこで今は「出来る時にやっておかないと突発的な事がある」という考えのもとにすぐやるよう意識しています。

 

休日に車に乗っていると妻から

「6月に入ったら子供たちと実家に行ってくる。少し休みたいし、考えら事もあるから。」と。

別居ってヤツですね。

もうダメかもしれない。